ロケーション/トレイルマップ
トレイルマップ

梶取ノ鼻・七五三ヶ浦- Kajitorino-hana Shimega-ura

『梶取ノ鼻・七五三ヶ浦(しめがうら)』周辺には海上からしか行くことのできないきれいな砂浜がたくさんあります。七五三ヶ浦海岸のある小さな湾の真ん中には、松の木の生えた小さな島があります。まるで箱庭のような心落ちつく風景が魅力です。
『梶取ノ鼻』は潮の動きが激しいので、十分注意が必要です。七五三ヶ浦海岸には、トイレと小さなキャンプ場があります。

大角ノ鼻 - Osumino-hana

『大角ノ鼻』周辺は来島海峡の鼻先ですのでかなり激しい潮流があります。陸には公園が整備されていて牧歌的な雰囲気が漂っていますが、海上はかなり荒々しい様相を呈しています。潮に逆らわず、迎合することを第一にコース取りをします。自然のパワーを上手に味方につければ、快適なカヤッキングが楽しめます。ガイドが本領を発揮きるところでもあります。

小島 -Oshima island

日露戦争の時に建てられた要塞が戦争に使用されることなくそのまま残る小島は、島の頂上に砲台跡や監視棟などがあり、そこから来島海峡・来島大橋を一望できます。
10ノット以上の流れがある来島海峡のまっただ中に位置するため、潮の小さな時でも流れは十分あります。大角の鼻方面から潮に合わせてアクセスします。
島の桜がとてもきれいなので、春にお花見ツアーでよく訪れます。

古城島 -Kojyoujima island

古城島には、日本最古の水軍城跡があります。
急潮流の入口にあることから村上水軍の本拠地となっていました。 この島は、エンジンなどが無いその昔、潮流という自然の摂理を深く理解したものにしか近寄れなかったはずです。来島の荒ぶる潮は、この島を天然の要塞に仕立て上げ、その複雑で激しい潮を読み解ける人間だけに、この海を制する権限を与えたのだと思います。シーカヤックでこの海に漕ぎ出ると昔日の水軍兵士に少し近づくことができるかもしれませんよ。

平市島・比岐島 -Heichijima island / Higijima island

燧灘に浮かぶ平市島と比岐島は、メインガイド一押しのパラダイスアイランドです。至近距離にある隔世の桃源郷。遠くに行かずとも堪能できる極上の時間が島全体に流れています。
比岐島はごく少数の方が暮らす有人島。平市島は無人島です。

津波島 -Tubajima island

津波島と書いて「つばじま」と呼びます。「つなみじま」ではありません。無人島で訪れる人もほとんど無いのですが、とても立派なキャンプ場が整備されています。
この島ならカヤックキャンプが初めてのかたでも快適に一夜を過ごせます。